FC2ブログ
 小野瀬壽君の短歌が角川短歌8月号に掲載されました。

 私の歌が角川『短歌』8月号に掲載(211ページ)されましたのでこれまで掲載していただいたことに御礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

疲れたと独りごと言う古稀のわれ父も言ってた五右衛門風呂で

 最近、風呂の中で独り言を言うことの多くなった私です。いつも五右衛門風呂で独り言を言っていた父親を思い出すこの頃です。

 独り言は私も得意です。ときには、わめいたり、悲鳴をあげることも・・・。恥ずかしいことを思い出して穴があったら入りたいようなときです。


1 角川『短歌』8月号
角川『短歌』8月号

2 角川『短歌』8月号(211ページ)
角川『短歌』8月号(211ページ)
コメント
この記事へのコメント
私も今74歳になり母と同じようなことをしているな~と感じることが多々あります。

あんな年寄りになりたくないと思ったしぐさも何の気も無くやっています。

そのとき母を懐かしく思い出します。
2017/08/21(Mon) 19:05 | URL | hana | 【編集
読んでいただいてありがとうございました。
hanaさんを始め多くの方に私の短歌を読んでいただいてありがとうございます。自分が年をとってくると自分の父が心配していたことが少しわかるような気がします。本当に両親に心配ばかりかけていたことをすまなかったと思っている昨今です。しかし気を取り直して何とかより良く生きたいと思っています。
2017/08/22(Tue) 20:52 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック