FC2ブログ
 お彼岸ですので谷中墓地を訪ねてみました。

 浄光寺には友人の鎌田徹ちゃんが眠っています。

 引導法語を唱えてくれた徹ちゃんの親友のご住職も、その後まもなく千の風となってしまいました。

 ゆえに谷中は、ふらりと訪れては、たなごころを合わせる場なのですが、いつもは寄り道せずに上野に向かってしまいます。

 今回は曼珠沙華や仏花などを愛で、道草を食いながら、五重の塔跡と川上音二郎・徳川慶喜の墓を訪ねました。

 谷中の五重の塔は幸田露伴の小説「五重塔」のモデルになっています。

 川上音二郎は明治期に世界に進出したスターだった方。ですが、この霊園の看板スターは何といっても徳川慶喜でありましょう。

 大勢の見学者が訪れていました。


1 説明板
説明板

2 五重の塔跡
五重の塔跡

3 五重の塔跡
五重の塔跡

4 説明板
説明板
 
5 川上音二郎の墓
川上音二郎の墓

6 徳川慶喜の墓入り口
徳川慶喜の墓入り口

7 説明板
説明板

8 徳川慶喜の墓
徳川慶喜の墓
コメント
この記事へのコメント
徳川慶喜は最後の将軍として有名です。

大河ドラマ篤姫で見ただけで詳しくありませんが、あの物語の中の慶喜は人間的にあまり良い将軍としては描かれていませんでした。

谷中の墓地は1度行っただけなのでよく覚えていませんが、歴史上有名な人が多く眠っている所だと思っています。
2017/09/26(Tue) 17:36 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック