FC2ブログ
 高2の孫のミキちゃんが出場した川崎アンサンブルコンテストをみてきました。

 法政二高で行われた川崎市の小中高生の各吹奏楽団のピックアップメンバーによる小編成での演奏です。

 まず、会場の立派さに驚きました。

 私立とは言え、普通高校に最先端のコンサートホールがある時代なのですね!

 その、法政二高のある武蔵小杉には新宿のような高層ビルが林立していました。

 さて、演奏内容ですが、吹奏楽の水準に比例しているようです。

 リードミスやアタックミスが1つでもあると、金賞にはなれません。

 正確でも音を置いていくような演奏はダメ金です。

 ダメ金とは上の大会に出られない金賞のことなのですが。

 要するにプロはだし(プロも裸足で逃げ出すような)の演奏をしなければ、県大会には出られません。

 ミキちゃんたち4人は、合わせようとする意識が強すぎて力んだ演奏になってしまい、リードミスをしてしまいました。ゆえに銀賞です。リードミスとは口元のヘラのくわえ方や吹き込む空気の量のわずかな違いでトンデモナイ音がでてしまうことです。
 でも、B(べー)管4本で勝負したのは立派でした。殆どのグループはアルトクラリネットやバスクラリネットを加えて音域を広げていたのに。
 B管4本だと音域的に無理をしなければならないので、かえって難しいのではないでしょうか。

 会場を提供した法政二校のサキソフォーン4重奏は私好みの演奏でした。
 サキソフォーンほど多彩な音色の出せる楽器は他にありません。それなのに、クラシック奏法では、まるで発声法のベルカウントのように、たった1つの音色しか認められておりません。しかも、それが、どういうわけか、竹ずっぽうを鳴らしているような情けない音なのです。
 法政二校の演奏は、今までにない輝かしい音色に挑戦したものでした。しかし、結果はダメ金です。予想はしていました。
 審査員を落選させてやりたいのですが、ダメ金をくれたので審査員もダメ金、としておきましょう。


1 法政二校入り口
法政二校入り口

2 コンサートホール
コンサートホール

3 立て看板
立て看板

4 武蔵小杉中心部
武蔵小杉中心部

5 プログラム
プログラム

6 プログラム
プログラム
コメント
この記事へのコメント
サックス私も好きです。ベルカウントって!?音楽家なんですねー!
2017/11/09(Thu) 23:10 | URL | yuki | 【編集
演奏や楽器に詳しいといろいろなことが解るんですね。

なかなか難しそうですが、その代わりやりがいもありますね。
2017/11/14(Tue) 17:18 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック