FC2ブログ
        君たちはどう生きるか

    原作 吉野源三郎 漫画 羽賀翔一 マガジンハウス


1 君たちはどう生きるか
君たちはどう生きるか


 80年も前に出版された本が今ブームになっています。
 子供向けの哲学書を漫画にしたものなのですが、とても読みやすく親しみが持てるからでしょう。
 漫画といっても、ところどころにある手紙文はそのままです。

 人は生まれたからには自分で生きていかねばなりません。
 でも、生き方を見失って右往左往している方も多いと思います。
 人間としてどう生きていけばよいのか。
 この本を読み進んでいくと、その基本的な考え方を整理することができるでしょう。

 勇気・いじめ・貧困・格差・教養など等、いつの時代も、どの地域でもありうる問題をコペル君と叔父さんは一生懸命考え、そのやりとりを分かりやすい言葉で表現しています。
 「生産関係」を「人間て分子なのかも」から「人間分子の関係、網目の法則」として導き出すなど。

 ナポレオンを目標にしていることが気になりますが、執筆時の時代的背景なのかもしれません。

 それらも含めても、普遍性を持った名著ゆえか、このところ、朝日新聞でも広告や記事が連日のように掲載されています。

 若い頃すでに読んでいる方にとっても、「ひととき」に投稿した水戸市の嶋崎さんのように、これまでの人生を見つめ直すきっかけになることでしょう。

 ぜひ、一度お手にとってみてください。


2 目次
目次

3 参考例
参考例

4 朝日新聞 18 全面広告
朝日新聞 1/8 全面広告

5 朝日新聞 19 ひととき
朝日新聞 1/9 ひととき
コメント
この記事へのコメント
テレビで紹介した時見ました。

何年たっても基本的な考え方は変わらないのかも知れません。

皆悩みながら年をかさねていく。

それでも最後まで完結ってないのかも知れません。
2018/01/15(Mon) 18:07 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック