FC2ブログ
 最近、新聞・テレビ・ラジオなどで、よく高齢者にスクワットをすすめる記事や放送を見聞きします。

 新聞では本の宣伝がされ、テレビでも黒柳徹子さんが、おりにふれて、言っていました。

 確かに、スキーや登山に熱心な私でも70歳を超えると、足腰の衰えを感じます。

 立ち上がるときにふらついたり、歩きはじめに、もたついたりするようになってきました。

 というわけで、若いときにスキーのトレーニングとしてやっていたスクワットを再開したのですが。

 それも、スクワットに集中するのではなく、コーヒーをいれながら、歯磨きをしながら、排尿をしながらの、ながらスクワッドを。

 コーヒーは一杯分がカップに抽出されるものを使っているので、断続的にポットのお湯を入れなければなりません。

 歯磨きをするにも、ちょいとした時間が発生します。

 このような時、壁に背中をつけ、ひざを曲げながら、徐々に頭の位置を下げ、ひざの内角が135度になったところで静止。いわゆる空気椅子の状態にします。

 これがいちばん簡単なスクワットの方法なのですが。

 もっと簡単なのは排尿するときに泌尿器を便器から5cmほどのところまで近づけて静止する方法。これは女性でも可能だと思うし、男性は小水が飛び散らないので衛生的でもあります。

 ガニ股になってもいいですから、何かにつかまってでも背筋をなるべく伸ばして下さい。

 注意事項は、いずれも1分もたたないうちに大腿四頭筋が悲鳴をあげ、つらくなりますから、そうしたらやめて、また再開することです。

 このようにして生活に組み込んでしまうと、1日に何回も平気でできるようになりますよ。

 ぜひ試してみてください。

 若いときには、ひざ内角90度の空気椅子状態で本を読んだり、テレビを見たりしていました。


1 226 朝日新聞夕刊14面
2/26 朝日新聞夕刊 14面
コメント
この記事へのコメント
年を取ると使わない所は退化してしまいます。

朝の散歩のとき事務所の前で40分位自分に必要と思われる体操を毎日やっています。

その中で空手の鍛錬なのですが相撲のソンキョのような姿勢で50回両手で拳を打ちます。

スクワットと違いますが足の腿に力が入ります。

毎日やることで少しは役に立っていると思っています。

自分の足で歩けるように日々がんばっています。
2018/03/13(Tue) 18:39 | URL |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック