FC2ブログ
 最終的な夢は「自給自足の生活をすること」。

 浅田真央さんがNHK「クローズアップ現代」で今後の希望を聞かれて言ったのです。

 「それが一番の贅沢」とも言いました。

 「自給自足の生活」。

 私が子供のころ、それは「貧しさ」を意味する言葉でした。

 今は、自分の田畑で作った米や野菜、養殖養豚などで得た魚肉を使って、ご飯を炊き、みそ汁を作り、肉や魚を調理できる方は限られています。

 「貧しさ」を意味する言葉は「コンビニ弁当」になってしまいました。

 私が子供のころ、オーバーや靴は高根の花。子供たちはみな、綿入れ半纏と素足に下駄でした。足袋は穴をふさいでいるうちに二重になってしまうほどに。

 今、リサイクルショップにいくと、かつて100万円もしたような絹の着物が1500円ほどで売っていますが、買う人は誰もいません。

 むかしどこの家でもそうであった数寄屋造り風の建物は今、目の玉が飛び出るような値段がします。

 憧れであった公営集合住宅風の住まいが当たり前になってしまいました。

 贅沢品は安く、質素なものは高くつく、おかしな世の中になってしまったのです。

 私は母親の教育方針で家では何も教えてもらえず、都合で倍に伸びた夏休みが終わった1年生の10月に「ん」という字の読み方を友達に訊いたほど奥手でした。

 今はテレビやゲーム機、それにパソコン・タブレット・スマホ、補習授業や学習塾などで子供たちは腹いっぱい。知的欲求が湧いてくる余地がありません。

 今現在、毎週のように一緒にスキーや音楽をやっているSさんは飛びっきりのお金持ちで高層ホテルを東京駅前など複数、シンガポールにも持っている方ですが、やっていることは私と同じです。

 そのような方は普通、スーパーカーを何台も持ったりしますが、愛車はミニクーパーでしたし、愛人が何人いても不思議ではないのに、いつも奥さんと一緒です。

 さほどお金持ちでもないのに、勘違いした男の勲章をぶらぶらさせている方もこれまで数多く見てきました。

 何を言いたいのか。

 要するに「一番の贅沢」とは、自分のやりたいことができる、ということでありましょう。


1 北アルプス
北アルプス

2 北アルプス
北アルプス
コメント
この記事へのコメント
若い人は結婚と同時に新築住宅に住み大型のワゴン車が駐車場に置かれ休みにはドライブに行ってお金持ちの生活そのものです。

それなのになぜか満たされないようす。

生の人間同士の交流がもてない。

損か徳かお金に換算して評価する。

なんか心が寂しいです。

豊かになって便利になっても失うものも多いです。
2018/03/20(Tue) 19:01 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック