FC2ブログ
 今日5/23の朝日新聞1面には日大の悪質タックル問題と加計学園獣医学部新設問題が並んで報道されています。

 この2つには、絶対権力は必ず腐敗する、という共通性があります。

 日大アメリカンフットボール部前監督は日大の予算配分や人事権を握っている絶対権力者だというではありませんか。

 絶対権力は必ず腐敗し、その結果崩壊するのですが、面白いことにその過程は皆似たり寄ったりです。

 絶対権力者の最も幼稚な言い訳は、まるで子供の論理と同じで、誰々ちゃんがやったから私もやった、というもの。ご存じのとおり、この言い訳は交通違反でも許されません。
 ところが、アメリカがやったからイギリスもやったしフランスもやった、など各国の絶対権力者は平気でこの論理を使います。その結果国民から見放なされるのですが。

 上記の2人の権力者は、もう少し大人のようですから次のような手段を使います。

 痴話喧嘩対処法と同じで、どんな証拠をあげられても知らぬ存ぜぬ、で押し通し、たとえ浮気現場に踏み込まれても、君が今見ているものは夢なんだ、と言い続けて鎮静化させてしまうやり方です。

 もちろん、これは相手がお人好しで少しとろい場合にしか成功しません。

 天声人語には加計学園問題は、よく練られた企業小説のようだ、と書かれています。

 悪質タックルの記事では、日大広報部は「相手を潰せ」という言葉は「思い切って当たれという意味で反則行為の指示はなかった」という見解が示されています

 さあ、私たちは物分かりの良い少しとろい人でよいのでしょうか。


1 523 朝日新聞1面
5/23 朝日新聞1面
コメント
この記事へのコメント
20歳の宮川さんの会見と日大前監督・コーチをみても普通の人はどちらが魂の言葉かわかります。

人間として真実を語っている。

ばればれの嘘を平然と言える。

人間の質が違います。歳は関係なく欲と権力を持った人間がどういう人間か。恥ずかしさも失われてしまうものなんですね。

国会・スポーツ界・相撲界等々恥もプライドも失ってしまった人間が多くなってしまったのでしょうか?

これらのことを見ながらいろいろ学ぶこともありました。
2018/05/27(Sun) 19:42 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック