FC2ブログ
 映画「のぼうの城」のモデルになった忍城(おしじょう)を見てきました。

 石田三成の水攻めの様子を彷彿(ほうふつ)とさせる水城公園も途中にあります。

 わずか5日間で築いたとされる石田堤は、石碑「史跡埼玉村古墳群」のある土手道として残されていました。

 戦国時代の名残(なごり)を留(とど)める地勢がこれだけまとまって見られるところはめったにありません。

 歴史小説の醍醐味は、それまで知られていなかった名将・智将を世に知らしめることと、その場所を地政学的に紹介し、経済発展にさえ結びつけてしまうことでありましょう。

 「のぼうの城」の原作者 和田竜さんのおかげで忍城は多くの人に知られるようになりました。

 デフォルメされている部分もありますが、石田三成や後ろに控えている豊臣秀吉をも手玉にとった成田長親は領民から「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼び親しまれる人物であった、とのこと。

 なんとも痛快でなりません。


1 水城公園
水城公園

2 石碑「史跡埼玉村古墳群」の土手道
石碑「史跡埼玉村古墳群」の土手道

3 忍城
忍城

4 忍城
忍城

5 忍城
忍城

6 忍城
忍城
コメント
この記事へのコメント
何百年も前のお城が残っているだけで凄いです。

日本人の原点のような人達が活躍していた時代ですね。

今の時代を見たらどんな想いでしょう。
2018/07/17(Tue) 19:09 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック