FC2ブログ
 私は俳句の専門家ではありませんが、今週の朝日俳壇の記事について疑問を呈したいと思います。

 朝日歌壇俳壇の中央のコラム記事「俳句時評 読み、読む」の中に山田耕司作「座蒲団は全裸に狭しほととぎす」が掲載されました。

 季語の「ほととぎす」について、「洗練されたズレ」「ナンセンスに近い急展開」などの評価がなされていますが、私の見解ではでは、この句の季語は「ほととぎす」以外には考えられず、他の言葉で代用することはできません。

 詳しくはホームページのコラム ほととぎす(鳴き声あれこれ)を、ご覧になればお解りいただけると思います。

 ヒントはカラス・カケスなどと同様の鳥をあらわす接尾語、「ほととぎす」の「す」を動詞の意味にも掛けていることなのですが。


1 930 朝日歌壇俳壇
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック