FC2ブログ
 私は、日本だけで発展し、世界に相手にされないスポーツをガラ系スポーツと言っています。

 例えば、高校野球・スキー技術大会・相撲・駅伝などです。

 スポーツは元々、その地域の社会的な争いごとをゲーム化し、洗練させたものですから、その発祥の地の道徳や社会通念を引きずっていても仕方ありません。

 それらが、洗練されていく段階で世界基準に合ったものだけが残り、発展してきました。

 ですから、ガラ系スポーツは日本型封建制が色濃く残り、世界基準に合ってないものと言えましょう。

 元来、スポーツは個人の意思のもとで行われるからスポーツなのであって、上からの命令で行われるのであれば、それは体罰や虐待になってしまいます。

 このだれでも分かっていることが、選手は、いざとなると分からなくなってしまうのです。

 何百年も続いた日本型封建制のドグマが若者の心にまで染みついてしまって取れません。

 朝日新聞の「駅伝選手骨折、はって200m 称賛と批判」の記事にはルール改正の必要があるとのことですが、選手が忖度してしまうことを払拭しないことには、いくらルール改正をしても同じでしょう。

 選手が自己を確立できなければ、何をやってもうまく行きますまい。

 自主性・自己確立をした上で、高校野球のピッチャー交代なども本人の意思でできるようにするべきです。

 私事ですが、山頂手前で、いくつの山をあきらめたことか。


1 1024 朝日新聞 33面 「駅伝選手骨折、はって200m 称賛と批判」 
10/24 朝日新聞 33面 「駅伝選手骨折、はって200m 称賛と批判」
コメント
この記事へのコメント
今年の金足農業高校のように地元の生徒だけで決勝戦まで頑張っていくと云うのは殆どありませんがあれが本来の姿なのかもしれません。

今は勝敗を重視しすぎて監督の面子が優先するようになってプロの養成場になってしまったような気がします。

団体はなおさら個人の責任を感じるのでは・・・

皆努力して勝ちたいですから。

難しいですね。
2018/10/29(Mon) 17:47 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック