FC2ブログ
 小野瀬壽君の短歌がNHK『短歌』12月号に掲載されました。

 私の歌がNHK『短歌』12月号に掲載(64ページ)されましたのでこれまで掲載していただいたことに御礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

「渋柿は甘柿よりも甘くなる」と言いつつ姉は蜂屋柿むく

 私が小学生の頃、渋柿の蜂屋柿(はちやがき)をむいていた姉から聞いた話です。

 「青は藍より出でて藍より青し」や「氷は水より出でて水よりも寒し」の意味は「弟子が師匠を上回る能力をもつこと」です。
 出典は中国古典の荀子(じゅんし)。君子曰、學不可以已。青取之於藍、而青於藍、冰、水爲之、而寒於水。現代語に訳すと「君子がこうおっしゃった。『学問は、これで終わりだと思ってはいけない。青は藍から作られるが藍よりも青い。氷は水からできるが水よりも冷たい』と。」でも、教条的で面白くありません。
 「渋柿は甘柿よりも甘くなる」は何と心優しく分かりやすいのでしょう。初めて聞きました。お姉さんは荀子よりもすごい。
 中国語を学んだ方は柿・柿・姉・柿と韻を踏んでいることがお分かりでしょう。市も含めて全部Shìです。うれしいな!


NHK『短歌』12月号
NHK『短歌』12月号

NHK『短歌』12月号(64ページ)
NHK『短歌』12月号(64ページ)
コメント
この記事へのコメント
日常生活中に出てくる会話には、時々ハットさせられることがあります。

その方のことばだから重みがあるのですね。

何気なく詠んでいるところに深みを感じます。
2018/12/13(Thu) 07:06 | URL | yukiyanagi | 【編集
この辺は皆甘柿が普通です

山形では渋柿ばかりで焼酎で浸してあまくなった所を食べます

余りおいとくととろとろになってしまうので食べごろに急いで食べます

夫はとろとろが大好きですが私はかたちのあった方が好きです

甘くてとても美味しいです
2018/12/19(Wed) 07:30 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック