FC2ブログ
 2/21、栂池高原スキー場で行われた第4回ワイルドドンキーカップに出場しました。

 ワイルドドンキーカップは細いスキー板と革靴とかかとの上がるビンディングを使ってテレマークターンで旗門を通過するディアルスラロームレースです。

 道具仕立てはテレマークスキーかクロスカントリースキーかになりますが、それぞれエッジのあるなしや、登るためのうろこのあるなしの違いがあるのでスタートの時間差が細かく分類されます。

 私はフィッシャーの 56ミリ幅のテレマーク板とスカルパの2バックル革靴を使ってエントリーしました。かなり、しっかりした道具仕立てでしたが、競技用クロカンを使った藤井選手に初戦で敗退しました。

 問題は革靴なのです。以前からワイルドドンキーカップには出たかったのですが、革靴が壊れてしまったので出られません。板は使えるものがけっこう残っていますが、革靴は消耗が激しいので破損廃棄になってしまっています。今回はアウトドアウェアを作っている榎木さんの右用の靴と私の残った左用の靴を使い、2足分から1足を調達しました。

 実は1/19、中学校のスキー教室で主催者の園田さんとすれ違いしたことが分かり、その後強く勧められたので、なんとか出場したい思いで考えたことなのです。

 結果は底抜けに楽しいものでした。要するに往年のテレマークスキー名レーサーたちの同窓会なのです。北田さん・榎本さん・南藤さんなど、今でも夢に出てくる方たちと再会しました。特に南藤さんはブルースマンの滝さんから消息を聞いていたので堅い握手と共に目頭に熱いものが。聞けば体調が悪いので今回は滑らずに役員として参加とのこと。その情熱たるや、頭が下がる思いです。

 レースの結果は小笠原選手や上記の藤井選手など若い方々が上位を占めました。若者たちにしっかりと技術が受け継がれていることに感激です。

 北田さんの開会のあいさつは「道具も古くなっていますが、人間も古くなっています。手入れを怠りなく心して滑って下さい」。

 皆さん、けがもなく、無事に終了。よかった。良かった。


1 テレマークスキー ワイルドドンキーカップ
ワイルドドンキーカップ

2 テレマークスキー ワイルドドンキーカップ
ワイルドドンキーカップ

3 テレマークスキー ワイルドドンキーカップ
ワイルドドンキーカップ

4 テレマークスキー ワイルドドンキーカップ
ワイルドドンキーカップ

5 テレマークスキー ワイルドドンキーカップ
ワイルドドンキーカップ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック