FC2ブログ
 きょうの朝日新聞夕刊記事「馬毛島に変更 一考を」を読んで目からうろこが落ちました。

 私は筆者の池澤夏樹氏の講演会に参席したことがあります。アイヌ新法成立直後、政府が取り行ったアイヌ文化振興政策の一環でした。政府主催だからといって臆することなく実にアイヌ民族に対する愛情に溢れた公演でした。

 その後、それらの愛情は沖縄の方々にも向けられ、住み着いてしまうことになったようです。詳しくは著書「沖縄への短い帰還」に書かれているのですが。

 ですから、政府の沖縄蔑視政策には反対の立場を保ち、今、大問題の普天間基地の辺野古への移設に関しても政治的な意見を多々、述べています。

 今回は、それに技術的意見が加わりました。

 政治的意見は誰でも述べることができますが、技術的意見は専門知識がなければ触れることができません。

 反対することは誰でもできるけれど、「ではどうしたらいいんだ」といわれると返答に困りますね。その「どうしたら」の部分を明快に提示することは至難のわざです。

 これらの政治技術的部門を明快に提示してくれる方が指導者になったなら、日本は飛躍的に良い国になるでしょう。
 何せ優秀な技術者は日本中にあふれているのですから。

 池澤夏樹さん、総理大臣になって下さい!


1 36朝日新聞夕刊 第3面「馬毛島に変更 一考を」
3/6朝日新聞夕刊 第3面「馬毛島に変更 一考を」
コメント
この記事へのコメント
詳しく知らないで物事を判断してはいけないけど沖縄県民の70%以上のひとが反対

マヨネーズ状になっていることが分かっているなら

こんないい場所があってコストもかからないし

馬毛島に変更したらいいじゃない

単純すぎておかしいかしら

政治家さん意地を張ってないで単純に考えたらと思うけど・・・
2019/03/11(Mon) 10:45 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック