FC2ブログ
 高津高校吹奏楽部第23回定期演奏会に行ってきました。

 孫のミキちゃんのコンサートミストレスとしての最後の演奏会です。

 プログラム半ばで演奏したチャイコフスキーの大序曲「1812年」が圧巻でした。

 演奏者は100人以上、10人ほどのブラスセクションがステージ左右から呼応して音楽を動かします。そして、ステージにはもちろん、客席のあちこちに大太鼓が置かれ、初演の時に鳴らされた大砲の音を模倣するという壮大な音の世界なのですが。

 アンケート用紙に「たまげた」と書いてしまいました。「たまげた」とは「魂が消えるほどの驚き」という意味です。

 ミキちゃんはもうすぐ大学生ですが、もう音楽はやらないそう。

 いわゆる、燃え尽き症候群なのでしょう。

 それはそれで、よいと思います。

 いつか必ず、また演奏したいと思うはずですから。


1 チューニングはコンサートミストレスの役目
チューニングはコンサートミストレスの役目

2 コンサートミストレスは必ず左最前列に
コンサートミストレスは必ず左最前列に

3 大序曲「1812年」演奏
大序曲「1812年」演奏

4 ブラスセクション
右側ブラスセクション

5 センターで
センターで

6 記念に
記念に
コメント
この記事へのコメント
ミキちゃん、がんばりましたね
 ミキちゃんの演奏している写真、市村ご夫妻と一緒に撮った写真に大きな拍手を送ります。
2019/03/21(Thu) 07:16 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
ミキちゃんが大学生(^^)/

後2年で成人式なんですね

大きくなりましたね 

色々な経験をして心豊かな大人の女性になってください
2019/03/25(Mon) 17:54 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック