FC2ブログ
 小野瀬壽君の短歌がNHK『短歌』4月号に掲載されました。

 私の歌がNHK『短歌』4月号に掲載(73ページ)されましたのでこれまで掲載していただいたことに御礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

子供らはお焦げのおにぎり食べたくて釜戸の中に薪(まき)を燃(く)べてた
 
 おこげのおにぎりに醤油をかけて食べるのが何よりの楽しみでした。


 この歌は「子ども」の題詠です。小野瀬君はこの歌を含め、題詠が得意であることが今までの実績でよくわかります。歌題は歌の半分ほどをつくってしまいますから歌題が悪いとよい歌はできません。松村由利子さんの題はいつもよい歌を導き出してくれています。


NHK『短歌』4月号
NHK『短歌』4月号

72,3ページ
NHK『短歌』4月号(72,73ページ)

NHK『短歌』4月号(73ページ)
NHK『短歌』4月号(73ページ)
コメント
この記事へのコメント
かまど・薪・懐かしい言葉が出てきました

かまどで炊いたご飯のおこげは本当に美味しいです

私も食べた~い
2019/04/30(Tue) 17:52 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック