FC2ブログ
 私たちを、ひとくくりにするとき、よく団塊の世代と言います。金の卵世代と言ったらどうでしょうか。同じことなのですが、わかる方はこの世代から上の方のみでありましょう。もうすでに「金の卵」という言葉は死語になってしまいました。昭和30年から40年にかけての中卒労働者のことを言ったのですが。

 昭和25年の朝鮮戦争特需から始まった日本経済の復興は30年には神武以来の好景気といわれ、昭和35年に池田勇人内閣が掲げた所得倍増計画は、それになお拍車をかけました。
 昭和37年に15歳を迎えた私たちは、その真っただ中に茨城県鉾田町立巴中学校を卒業したのです。

 だれが言い始めたのかは知りませんが、金の卵と言われた私たちはそれぞれ、大企業への集団就職や個人企業への個別就職先に向かいました。
 私は鹿行地区から10数人で大阪の光洋精工へ、新堀良君は東京の国際電気、松島初男君も東京へ、田口則夫君は川崎の東芝へ。
 私は養成工という扱いでした。給料をもらいながら中堅社員としての技能を身につけられるという社内学校の生徒です。茨城県では日立専修学校が有名でした。ところが日立専修学校は片親の子弟はとらないのです。担任の石井信雄先生が苦労して探してくれたのが大阪の光洋精工でした。

  さてそれから幾星霜、金の卵たちはどうなったでしょうか。
  私は3カ月で挫折しました。どうしてもピアノと音楽が忘れられなかったのです。
 新堀良君は会社からの援助で高校を卒業し、韓国への派遣技術者として、らつ腕をふるいました。松島初男君も会社の援助で高校を出、工作機械メーカーの筑波精機を立ち上げました。田口則夫君は東芝のプラントを立ち上げるプロジェクトで世界中を渡り歩くという中卒では信じられないような人生を送りました。おそらく極めて優秀な社内教育を受けたのでしょう。

 つまり、私を除いた3人は金の卵から金の鶏に成長したのです。もちろん、この3人の他にも私たちの世代には多くの金の鶏たちがいることでしょう。

 私が言いたいことは、これらの数多くの金の鶏たちによって、現在の日本が形づくられたということです。

 一部の政治家や経済人が作り上げたのでは決してありません。むしろ、彼らは金の卵たちを物扱いし、将棋の駒のごとく使った上、自分たちの手柄のように歴史を書き替えたいのではないでしょうか。

 その後、アメリカの土地を全て買い占めてもまだおつりがくるといわれた私たちが働いて蓄積した日本の資産は日米貿易摩擦解消とかであっという間にアメリカに取り崩されてしまいました。

 その典型が摩擦解消のためにお蔵入りにされてしまったOSのTRONでありましょう。もし、Windowsに代わって、より優秀なTRONが使われていたら、面倒な誤作動もなく、ウイルス侵入もさほどではなかったと思います。
 何よりも無償提供ということが世界の貧しい国々をどれほど豊かにしたことか。
 我利我利亡者のアメリカにイニシアチブをとられてしまったことが残念でなりません。

 さて、金の卵→金の鶏→?


1 ビル街
川口市ビル街

3 スカイツリー
東京スカイツリーと高速道路
コメント
この記事へのコメント
この手紙を見ている同級生たちは今・・・
 懐かしい同級生たちの名前を見て昭和34年(巴中学校入学)以降を振り返っています。中学校の頃はごく普通の同級生たちのその後のめざましい活躍を見て、私達の同級生はすごいなと思っています。就職してからの努力には本当に脱帽です。田口君も松島君も含めて30人もの同級生が亡くなったことが本当に残念です。72歳を過ぎた同級生たちは後藤君や一久君を含めて今でも現役で仕事を頑張っている人、現役からは退いたけれどその人らしい暮らしをしている人、その後久しく会っていない人など様々です。今日の市村君のこのブログを読んだ同級生の皆さん、どうしていますか・・・
2019/07/14(Sun) 08:14 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
 今にして思えば、少しでも生活を良くしたいと
昭和の時代を夢中で生きて来ました👔
2019/07/14(Sun) 08:44 | URL | yukiyanagi | 【編集
私達も金の卵よりちょっと上ですが高度成長に乗りとにかくがむしゃらに働きました
みんな同じように苦労しながらただただ明日を信じて・・・
子供たちには同じ苦労はさせたくないと本当に頑張ったんですが・・・
その結果親に甘えニートになって家に立てこもり親の金を当てにする子が増えました
今私達が高齢になって息子や娘が世話をするというより息子の世話をし年金を当てにして生活するような逆転現象が起きています
そのために家族内犯罪が多くなりました
人間の一生は死ぬまで分かりません
他人事ではないのです
残りの人生どうか無事に次の世に旅立ちが出来るよう願わずにはいられません
2019/07/16(Tue) 15:15 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック