FC2ブログ
 第25回参議院議員通常選挙は投票率48.8パーセントで終わってしまいました。

 憲法前文には「国政は国民の厳粛な信託による」と記してあるゆえ、国政の信託拒否者が過半数を越えたことになりましょう。

 一つの見方は、政治は過半数以上の人に見捨てられ、どうでもよいささいなことになってしまった。

 もう一つの見方は、政治全体への不信とレジスタンス表明。
 
 いずれにしても信託拒否者が過半数を超えたということは憲法違反になるといえるでしょう。

 罰則規定を設けるなど選挙制度を変える必要があるかもしれません。

 もともと小選挙区制は大政党に有利なことから自民党がごり押しして始まったものです。

 投票率が低いことも有利に働きます。

 しかし、このまま投票率が低くなり、限りなくゼロに近づくとしたらいかがでしょうか。

 政治は無くなってしまいますね。

 これ以上のアナーキズムはありません。

 そうならないために私は若い人たちに声をかけたり、親戚知人にメールをしたりしました。

 もちろん、特定の候補者支持を依頼したのではなく、棄権しないことを求めたのです。

 とにかく、投票率が低いと、現勢力に有利に働いてしまいますから。

 結果は出ました。

 「改憲勢力2/3は届かず」といってもその差はたった4人。与党系無所属議員を入れると、きっ抗してしまいます。

 わが埼玉県では「選挙区 共産21年ぶり奪還」。

 伊藤岳さん、おめでとうございます!


CIMG0001.jpg
7/22 朝日新聞 1面

CIMG0003.jpg
7/22 朝日新聞 17面
コメント
この記事へのコメント
一票の大切さを考える
 女性の参政権が認められ、現在のように男女が普通選挙を平等に行えるようになったのは1945年でした。私が生まれる2年前のことです。この権利は国民の運動によってやっと獲得されたものです。そんなことを振り返りながら投票する意味というものをもう一度考えてみることが大切だと思います。
2019/07/22(Mon) 17:46 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
投票率も最低 モリカケ 年金 憲法改正・・・

いろいろ問題がありながら蓋を開ければ自民が過半数を超えいかに関心がないかわかります

池上彰の番組で選挙に540憶円もかかることをきいて出場者もビックリ

多額のお金をかけて選挙をしても世の中良くなったと実感することがありません

それよりも犯罪が増え心静かに生活が出来なくなりました

心に余裕がなくなって他人の事を思いやる心が無くなってきたのかも知れません

これからもっと厳しくなるかもしれません

大変です
2019/07/23(Tue) 20:04 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック