FC2ブログ
 小野瀬壽君の短歌が角川『短歌』7月号に掲載されました。

 私の歌が角川『短歌』7月号に掲載(236ページ)されましたのでこれまで掲載していただいたことに御礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

タラヨウの葉に「好きです」と四文字書き故郷の家から引っ越していく

 
昭和37年春に中学校を卒業して東京や大阪に集団就職していった同級生たちの気持ちを想像して詠んでみました。

 タラヨウは東京駅丸の内口正面の中央郵便局横に植えてあります。葉書きはありていに言うなら紙書きなのでしょうが、郵便の父前島密がタラヨウの逸話から葉書きとしました。タラヨウは今では郵便局のシンボルツリーになっています。


角川『短歌』7月号
角川『短歌』7月号

角川『短歌』7月号236ページ
角川『短歌』7月号(236ページ)
コメント
この記事へのコメント
奥ゆかしい愛の言葉で思いが深いですよね

時代背景の違いでしょうか
2019/08/12(Mon) 16:54 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック