FC2ブログ
     洗えば使える 泥名言

      西原恵理子   文藝春秋


1 araeba洗えば使える 泥名言


 6/19、「世界中の人がお前を悪いというなら、世界中が間違うとる」との一片を朝日新聞巻頭の「折々のことば」で見つけ「
無限大 父の愛」をブログアップしました。

 文中、「西原理恵子さんの父は2番目といいますから、いろいろな事情があるのでしょう」と示しています。
 この本を読んでみて、その父の人柄が分かりました。決して人格的に優れた人ではなく、常識外れの人です。

 常識外れといえば、この本全体が常識はずれ。痛快なほどの非常識ぶり。

 常識的な人が読むと、何が善で、何が悪なのか分からなくなるでしょう。

 実は 善=悪。

 同じ事を仏教でいう業縁が真逆にしてしまいます。

 つまり、だれでも悪人なのです。

 そう思うと、この本は、人生の指針となることでしょう。


2 tukaeru
目次
コメント
この記事へのコメント
同じ言葉を聞いても1人一人違います
出会った人の考え方や経験したこと環境によって人格が形成されていくような気がします
人との出会いは大切です
そのために自身も磨いていかないといいひとに出会えません
見方や考え方が変われば希望が出てきます
残り少ない人生明るくいきたいです
2019/09/18(Wed) 05:35 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック