FC2ブログ
 朝日新聞に「寅次郎サラダ記念日」が特集されました。

 私は「男はつらいよ」シリーズの中では「寅次郎サラダ記念日」が一番好きです。

 舞台が菅平のすぐ下の傍陽(そえひ)というところだからです。

 傍陽と隣り合って大日向という地名もあります。山国にとって日の光は宝物ですから。

 その秋の日がぽっかりと当たった山里で寅さんは一人暮らしのおばあちゃんと知り合い、楽しい一時を過ごします。

 そこへ未亡人の女医真知子(三田佳子)がおばあちゃんを迎えに来ると、おばあちゃんは病院でなく、家で死にたいという。

 そして東京から姪である由紀(三田寛子)が訪ねてくる。由紀の趣味は短歌。柴又に帰った寅さんは由紀が通う早稲田大学へ出かける。ひょんなことから講義を受ける事になるが、お得意の狼藉で滅茶苦茶にしてしまう。

 「寅さんが早稲田の杜にあらわれてやさしくなった午後の教室」など、俵万智ふうの短歌が数々詠まれます。これらはみな山田洋次監督の見識なのでしょう。

 エキストラ出演した早稲田の学生さんたちもよい記念になりましたね。

 山田監督は歴史を切り取る名人です。

 短歌ブーム・大学の隆盛・限界集落・無縁社会などを。


CIMG0073torajirou.jpg
9月26日朝日新聞 22面
コメント
この記事へのコメント
純粋で、優しくて、無欲。
そんな寅さんが好きで、毎週土曜日BSチャンネルの「寅さんシリーズ」を見てました。

寅さんの家族、旅先での出会いなど愛情いっぱいの素晴らしい映画です。



2019/09/27(Fri) 06:18 | URL | yukiyanagi | 【編集
寅さんは見たことありませんが柴又はお嫁さんの実家のあるところで帝釈天が近い
彫刻がいくつも並んでいます
見ていて飽きません
素晴らしいものです
我が家にも同じような彫刻のテーブルがあります
柴又に行ったら記念館だけでなく帝釈天によって見てください
2019/09/30(Mon) 18:45 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック