FC2ブログ
 小野瀬壽君の短歌がNHK『短歌』11月号に掲載されました。

 私の短歌がNHK『短歌』11月号に掲載(76ページ)されましたので、これまで掲載していただいたことにお礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

もう一旗揚げてみろよと先生の賀状が届く古稀(こき)の私に
 
 昨年95歳の恩師から「小野瀬君、まだ老け込むんじゃないよ。もう一旗(ひとはた)あげてみろよ。」と年賀状が届きました。

 84歳の原保雄先生の意気込みに驚いていたら、それ以上の心意気を持った方がおられるのですね。
 良き人生を歩みたければ、良き師を得ること。良き師、良き友は人生の宝。


NHK『短歌』11月号
NHK『短歌』11月号

NHK『短歌』11月号(76ページ) border=
NHK『短歌』11月号(76ページ)
コメント
この記事へのコメント
 「まだまだ頑張らなくちゃ」という気持ちにさせられますね。
 
 『古希の私に』が利いてます。

 ✧良き師 良き友 良き人生✧
2019/11/21(Thu) 07:18 | URL | yukiyanagi | 【編集
95歳の恩師の先生にとって70歳代はまだまだ若い生徒さんなんですね

お互い1日1日を大切に頑張って生きましょう
2019/11/25(Mon) 17:59 | URL | hana | 【編集
読んでいただいた方に感謝します
 多くの方に私の短歌を読んでいただいてありがとうございました。95歳のこの恩師は私が若い時から厳しいことも率直に言って下さっている人です。私が古稀を過ぎても私を見捨てず叱咤激励をしてくださいます。ありがたいことです。
2019/11/29(Fri) 22:09 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック