FC2ブログ
 海老名市文化会館大ホールで行われた東海大学管弦楽団第98回定期演奏会に行ってきました。

 孫のミキちゃんがクラリネット奏者として在籍しています。

 ミキちゃんはまだ一年生ですが、「わが祖国よりモルダウ」では全曲吹きっぱなしで活躍していました。後半でBフラット管からEフラット管に持ち替える時など間髪を入れずの早業です。何せ高校時代にはブラスバンドのコンサートミストレスをしていたのですから。

 ことクラリネットに関してはオーケストラよりもブラスバンドの方が働きが上です。

 高校を卒業して燃え尽き症候群になってしまったミキちゃんは大学ではのんびりと演奏したいといっていました。

 メインの演奏曲ドボルザークの交響曲第2番はよくぞ選んだと思います。

 あまり鑑賞の対象にはならず、作曲の学生や研究家が勉強のために聴くようなものですから。

 横で聴いていた妻は第2楽章が終わったところで、もう帰りたい様子でした。

 ドボルザークはメロディーメーカーとしてチャイコフスキーと並んで有名ですが、その心地よいメロディーがほとんど出てきません。

 弦楽器と管楽器の対話がやたら多く、落ち着きのない構成になっています。

 ごちゃごじゃしているので「どぼ煮」といわれてしまうのでしょう。

 名曲である9番の「新世界」に対して、それほどでもない7番や8番は「ドボ7」とか「ドボ8」といわれています。

 この伝でゆくと2番は「ドボ2」なのですが、上記の理由で「どぼ煮」といわれても仕方ありません。

 というわけで、プロのオケでもめったに演奏しない曲をアマチュアのしかも学生が、よくぞ挑戦したものだと感心しました。

 もう1つ、感心したことは、写真をよく見ると分かるのですが、弦楽器の配置が通常と逆になっていることです。
 もともとは、この配置が普通で理にかなっていました。

 人間の体は左右対称ではなく、心臓は左にあり、胃袋も非対称で左に重みがかかるせいか、レジ袋なども左手に持つと安心できます。したがって、左側から重く低い音が聞こえた方が精神的にも安定するのでしょう。
 ピアノもオルガンも木琴も鉄琴もすべてそのような配置になっています。オーケストラも例外ではありません。何百年間もそのようになっていました。

 ところがあるときスコトフスキーという指揮者が映画で爆発的に売れたことをよいことに自分勝手に逆にしてしまったのです。確かにその「オーケストラの少女」の中の演奏は名演ですが、初期の映画はモノラルなので音的な変化はなく、絵ずらが変わっただけでした。それでも流行とは恐ろしいもので、世界中のオーケストラの弦楽器の配置が逆転したのです。

 今では100に1つのオケも元の配置ではやっていません。そこのところを原理原則を踏まえて、人間の生理に忠実になるように戻しているのですから、本来はプロ中のプロがするべき「いい仕事」をしていることになりましょう。

 近年では世界を席巻したビートルズがギター奏法を逆転させたことに似ているかもしれません。
 楽器はピアノもバイオリンも左利き用はありません。ギターも、もちろんそうだったのですが、ビートルズが初めて弦を逆に張り、右手で押さえ左手で弾く奏法を取り入れました。そうしたら世界中でそれがはやってしまい、右利きの人も無理やりそうするようになってしまったのです。
 真に流行というものは恐ろしいもの。

 そういうことが、もっともアカデミックと思われるクラシック音楽の世界でも、いまだに行われているのですから、穴あきズボンを履いている若者を笑うことはできません。


 ミキちゃん!面白いオーケストラに入りましたね。

 ジイジはこういうの、大好きですよ。

 思いっきり音楽を楽しんで下さい!


1toukaiDSC02229.jpg
東海大学管弦楽団第98回定期演奏会

2daigakuDSC02233.jpg
東海大学管弦楽団第98回定期演奏会

3okeDSC02240.jpg
東海大学管弦楽団第98回定期演奏会
コメント
この記事へのコメント
ミキちゃんの成長が嬉しいです
 ミキちゃんが頑張っているのを見て嬉しくなってメールしました。
2019/12/19(Thu) 08:07 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
美樹ちゃんも大学生

随分月日がたっているんですね

1番の理解者が傍にいるだけでうれしい事です

頑張ってください\(^o^)/
2019/12/25(Wed) 09:05 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック