FC2ブログ
 こたつはわが家の必需品。こたつがなければ生きていけません。こんなに素晴らしいものをどうして若い人たちは使わないのでしょう。出たり入ったりがめんどくさいからでしょうか。
 確かにこたつは一度入ったら、出るためは一大決心をしなければなりません。
 足を入れている段階ならまだしも、ずりずりと腰を動かし、もぞもぞと肩まで潜り込んでしまったら、もう最後、絶対に出ることはできません。
 そうなってしまえば、もうこっちのもの。やんわりとした熱が足からお腹へ。胸を伝わり首を通り抜け脳に達する。もういけません。もうなんにもやりたくない、もうどうなってもいい。
 人のやる気をこれほどまで失わせ、怠け者にしてしまうこたつ。おもに国内でしか使われないのは、そんなところに理由があるのかも知れません。もしも諸外国で使われたなら、世界中の経済がマヒしてしまうでしょうから。

 人は年齢を経てくると8時間の睡眠が一気にとれなくなってきます。眠ることにも体力が必要なのでしょう。
 私も4時間ほどで目が覚めてしまいます。起きるとすぐ文章を書きたくなるのですが、1時間もすると飽きてしまいます。そのあとに、こたつで読書や音楽を楽しむのですが、さっぱり頭に入らなくなってくると、ずりずり・もぞもぞのチャンス。もう何が起こっても怖くない。

 3,40分すると今度は逆向きに、もぞもぞが先でずりずりへ。上半身が起きあがると、どういうわけか目の前にはみかんがあるのですよ。
 手を伸ばしてみかんをとり、皮をむく。これが至福の時。リンゴではだめ、バナナでもだめ。こたつの上には、みかんに限るのです。
 なぜかって。理由なんかありません。刺し身にワサビ、おでんにからし。理由がありますか。こたつには、みかんなのですよ。

 江戸時代には大炬燵というものがあってみんなで入ったそうです。ぜひ復活させて足湯のようにみんなで入り、ミカンの皮のむきかたや甘皮処理の違いを尋ねてみたいものです。


DSC02447ktt.jpg
こたつとみかん
コメント
この記事へのコメント
コメントを2度書きましたが送ろうとすると画面が消えて送れません

PCがうまくいきませんすみません
2020/02/12(Wed) 09:32 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック