FC2ブログ
小野瀬壽君の短歌が角川『短歌』3月号に掲載されました。


 私の短歌が『角川短歌』3月号に掲載(227ページ)されましたので、これまで掲載していただいたことにお礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

フォスターのように故郷の川を詠めと恩師は語る同窓会に
 
 「小野瀬君もフォスターのスワニー川のように巴川と故郷を短歌に詠んでみてくれ。」と先生が話されました。

 人はだれでも母なる川を持っています。小野瀬君と私は巴川。フォスターはスワニー川。石川啄木は北上川。故郷の川はなつかしきかな。


角川『短歌』3月号
角川『短歌』3月号

角川『短歌』3月号(227ページ)
角川『短歌』3月号(227ページ)
コメント
この記事へのコメント
小野瀬さんへの期待かと思います。

先生にも故郷への思い入れがおありなのでしょうか。

優しいおことばですね。
2020/03/19(Thu) 10:03 | URL | yukiyanagi | 【編集
私はここで生まれ育っているので荒川でしょうか

子供の頃は近隣の大人の人が泳いでいました

船で生活をしていた人もいたようですが・・
2020/03/26(Thu) 05:42 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック