FC2ブログ
 朝日新聞の「あなたを縛る世間とは」の記事の中に「ヒトは本を読まねばサルである。」との言葉を見つけました。

 私はもうサルになりそう。

 図書館が閉鎖されているからです。

 いつまで続くのでしょうか。

 貸し出しをするだけなら新型コロナウイルスの影響も少ないと思うのですが。

 人によっては、知的欲求は食的欲求よりも強く、それが抑えられれば病的状態になってしまう方もおられるでしょう。

 コロナウイルスよりも弊害が大きいと思うのですが。

 そのような中、幼少時にスキーをお教えした関根史さんからメールが届きました。

 史さんは目黒のブックカフェオーナーの娘さんです。

 現在のような非常時こそ、自分自身や世の中を落ち着いて見つめるため、また心に活気と潤いをもたらすため、本やアートにアクセスできる環境が身近にあることが大切であると考えております。

 そうだ、史ちゃんのいるふげん社に行ってみよう。

 サルになりそうな方はふげん社にどうぞ。

 上野戦争のさなかでも授業を続けた福沢諭吉は学生を一時でもサルにしてはいけないと思ったのでしょう。


DSpC02657.jpg
3/26 朝日新聞 10 面 「あなたを縛る世間とは」
コメント
この記事へのコメント
私は殆ど読書することもなく与えられた仕事をもくもくとやって疲れたらごろ寝してサルどころかナマケモノになっています
年と共に持続性がなく何度も図りなおしたり思うように進みません
間違いなくでき上げることだけを考えて1日1日を重ねています
生きることも大変です
2020/04/01(Wed) 06:57 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック