FC2ブログ
 言葉がないと生きて行けない。生きるためには言葉が必要。
 文字であろうと、音声であろうと。手話であろうと、絵文字であろうと。

 それらによって、私はあなたとつながり、みんなとつながり、世界とつながります。
 そして、最も大切な自分自身とつながります。

 よく、無人島へ1冊だけ本を持って行くなら何を選ぶ、という話題になりますが、それは自分と向かい合い、自身と語り合える本になるでしょう。

 沈黙の中で自分と自身が語り合う。
 どんなに騒然とした中でも、どんなに忙しく動いている中でも、それはできます。
 おそらく、マラソン選手などは自身との語らいの達人でありましょう。

 言葉は時空を選びません。
 どんな過去でも未来でも通じます。どんな遠くでも、たとえば神様仏様でも通じます。
 アリストテレスや紫式部とも、キリストや天照大神と語り合うこともできるし、ハイジやアトムと遊ぶこともできます。

 父母の言葉で忘れられないものはありませんか。先生の言葉で心に残っているものはありませんか。青春時代の友の言葉、好きだった人の言葉、いやな奴の言葉、ひとつ一つの言葉に、みな物語があります。

 そして、ドストエフスキーやマルクスの文字の海に浸り、シェークスピアや世阿弥の芸能に親しむ。
 これらはすべて言葉ありてこそ成り立つもの。

 人は言葉がないと生きていけない。
 言葉は人が生きるのに必要欠くべからざるもの。
 言うなれば、言葉は脳にとっての、水であり、食糧でありましょう。

 ゆえに、
 以心伝心、いけません。
 不立文字、とんでもない。
 見て盗め、ひどい話。

 それらはみな自分自身の言葉にしてから自分自身の中にしまい込む。
 他に方法はありません。


DSC02i698.jpg
4/4 朝日新聞 3面 幻冬舎広告
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック