FC2ブログ
 どういうわけか、ミュージシャンにはバクチの才能を持っている人が多いのです。

 バクチの才能を私はバクサイと言っているのですが、それが最も発揮されるものは証券取引でありましょう。

 いくら高等数学や金融工学が用いられても最終的にはカンがものを言うことになります。

 先輩ミュージシャンで株価の予想に長けた方がおりました。

 自分だけではなく、他人の資産も頼まれて運用をしていたので亡くなった時にはその始末が大変だったようです。

 彼のように秀でたバクサイに恵まれないミュージシャンは主にパチプロやジャンプロになります。

 正確には半パチプロや半ジャンプロでしょうか。

 仕事がある時は音楽の仕事をしているのですから。

 ところが、才能というものは大いにして年齢とともに劣化するもの。

 それは、若年時に天才だった方が長じてごく普通の人になったり、作家や芸能人に一発屋が多いことでもおわかりでしょう。

 パチプロさんやジャンプロさんも若い時はよいのですが、年をとると哀れです。

 ミイラ取りがミイラになってしまうから。

 私の友人にも「若い時はパチンコで何百万も稼いでよかったが、今は損ばかりしていて明日の金にも困っているのに止められなくなってしまった」と言っている方がいます。

 おそらく、パチンコの音や感触、雰囲気から出てくる特異な脳内物質が理性を奪ってしまうのでしょう。

 テレビニュースを見ると、コロナウイルス規制がかかっているにもかかわらず、遠方のパチンコ屋さんへ出かける人の多さに驚いてしまいます。

 インタビューには「自分の命は自分の勝手」と答えていましたが、他人の命は気にならないのでしょうか。

 このように、劣化したバクサイは、どうすることもできなくなることが、わかっているのにカジノ誘致が国是となってしまいました。

 今なら、やめることができます。

 パチンコやコロナウイルスのようになってしまったら、もうどうする事もできません。

 もちろん、パチンコやコロナウイルスも軽症ですみ、免疫がつく人もいるのですが・・・。


1DSCj02865.jpg
一世を風靡した元パチンコふじ 
よい時に止めました

2rCIMG0039.jpg
4/29 朝日新聞 25面 パチンコ締め付け強化
コメント
この記事へのコメント
ギャンブル狂はなかなか治らないみたいです

パチンコで土地・建物・財産まで失う人もいるそうで麻薬と同じようなものなのでしょうか?

私にはわかりません

2020/05/05(Tue) 17:05 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック