FC2ブログ

 小野瀬壽君の短歌がNHK『短歌』6月号に掲載されました。

 私の短歌が『NHK短歌』6月号に掲載(59ページ)されましたので、これまで掲載していただいたことにお礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

「ボルネオで蛇や鼠も食べたよ」と激戦語る市村さんは

 
市村君のお父さんが太平洋戦争に従軍し、ボルネオ島から戦闘と空腹に耐えて奇跡的に生還したことを中学時代に市村君から聞いた話です。

 
父は1部隊3000人中、35人の生き残り。母と姉が乗った台湾からの引き上げ船は先行した船も後続の船も機雷接触により沈没、乗客乗員全員死亡、母と姉の船だけが無事でした。私は、その1年後の生まれです。おそらく、いま生きている人は多かれ少なかれ奇跡に恵まれた人なのでしょう。

NHK『短歌』6月号
NHK『短歌』6月号

NHK『短歌』6月号(59ページ)
NHK『短歌』6月号(59ページ)
コメント
この記事へのコメント
戦争体験者が高齢でいなくなります
私も戦争中の生まれで殆ど覚えていませんが父も話したことは1度もありません
話せなかったのかもしれません
いつ聞いてもつらいです
国の為に死んでいった多くの人達のおかげで今私たちが生きています
だんだん忘れられていきます
2020/06/02(Tue) 18:17 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック