FC2ブログ
 わが家のアジサイが咲きそろいました。

 アジサイは日本のヤマアジサイが原種ですが、日本から中国→ヨーロッパに渡って品種改良され、また日本に戻ってきたのが、あのマリのような紫陽花(中国名)のようです。

 なにせ、日本原産ですから、あの万葉集にも数多く歌われていると思っていました。

 ところが、万葉集にはたった2首だけしか残されていません。

 ということは、一般的な鑑賞対象にはなっていなかったのでしょうか。

 ごく珍しい花だったか、逆に気にもとどめない花だったのか。

紫陽花の八重咲く如く 八つ代にを いませ我が背子見つつ思はむ  橘諸兄(たちばなのもろえ)

 紫陽花が八重に咲くように、八代も長く生きて下さい、私の君よ。ずっと紫陽花を見てあなたを偲びますから。

 6月末の宴席でアジサイに寄せて宴の主人の長寿を言祝(ことほ)ぐ歌です。八代は何代もの天皇の御代。つまり長い間の意味。
 当時は原種のヤマアジサイしかないので八重咲きとするのは不自然です。ゆえに、花の色が何度も変化することを八重といい八代と掛けているのかもしれません。

 その変化をよく思わなかったのが、もう1首の方です。

言問はぬ木すらあぢさゐ諸弟(もろと)らが 練りのむらとに あざむかれけり  大伴家持

 家持はアジサイのうつろいやすさを嫌い、上手い言葉にすっかりだまされてしまった、と詠んでいます。

 これらから考えると、当時のアジサイは今のペンペン草のように嫌われていたのかもしれませんね。

 今では鎌倉の名刹を始め、各地であじさい祭りが催されるほどの名花なのですが・・・。


1hDSC03049.jpg
わが家のアジサイ

2kDSC03051.jpg
わが家のアジサイ

3dDSC03053.jpg
わが家のアジサイ

4yDSC03050.jpg
わが家のアジサイ

5fDSC03052.jpg
わが家のアジサイ
コメント
この記事へのコメント
いろいろなアジサイの花を楽しめてよいですね。

私は華やかではかなげ、「墨田の花火」に魅かれます。
2020/06/07(Sun) 10:51 | URL | yukiyanagi | 【編集
アジサイと聞くと雨の花と思い込んでいるような入梅にきせつになってきたな~って感じ

色々と種類があって雨も楽しめますね
2020/06/09(Tue) 17:58 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック