FC2ブログ
 6/7 朝日歌壇俳壇に今瀬剛一先生の新著 「芭蕉体験 去来抄をよむ」が紹介されています。

 今瀬剛一先生は鉾田一高応援歌の作詞者で国語と音楽が担当でした。
 
 その後、俳人として大成され、NHK俳句にも選者として出演されています。

 去来抄は蕉門での論議、俳諧の心構え等をまとめた江戸時代の俳諧論書とのこと。

 その松尾芭蕉は友人の仏頂和尚を訪ねて何度も鉾田や鹿島を訪れているので、この地方の文芸活動にも影響を与えていると思います。

 そのあたりのことを私はピアノ&トークに示しましました。

 下記に一部を抜き出しましたが、時間のある方は全文をお読みください。

 その出久根さんも書いていますが、この辺は伝統的に俳句や短歌が盛んなようで、出久根さんのお父さんも短歌を作って文芸雑誌に投稿していたそうです。
 無名の方でも、素晴らしい歌集を出しています。
「引きしぼり 弓を放ちて 的打ちし 音は激しき愛語に似たり」
 これは旧大洋村二重作の小室志つ江さんが出版した歌集の一首目です。青春真っ只中のように思えますが、実は100歳の方なんですね。ちなみに、私はこの作品に触発されて短歌をたしなむようになりました。
 また、この近くには大儀寺・根本寺などの俳句で有名なお寺があります。大儀寺はこの会場のある、はまなす公園から汲上に北上、西に入った北浦湖畔、鉾田市阿玉にあります。根本寺は鹿島神宮から1,5キロの所にあります。この二つのお寺とも江戸時代に仏頂和尚が住職をしていました。松尾芭蕉は仏頂さんが大好きだったので、月見とか、吟行とか理由をつけて、よく立ち寄ったようです。
 今瀬先生にも、これらの寺で一句詠んで欲しいですね。ちなみに袋田の滝の入り口には『しっかりと見ておけと滝氷けり』という先生の句碑が立っています。

 なお、同朝日俳壇

グールドのゴールドベルク夏来たる (佐伯市) 菅野隆光

 これはクラシック音楽に相当詳しい人でなければ詠めません。

 けれども、どんぴしゃり。

 傑作です。

 選者の高山れおな氏に敬意を表します。

 その教養の深さは驚くばかり。

 さすが、金子兜太の跡継ぎにふさわしい!


DkjSC03074.jpg
6/7 朝日歌壇俳壇
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック