FC2ブログ
 「民度」発言で内外に波風を立てている政治家がいます。

 きょうの朝日新聞には、その政治家について「民度って?」との記事が掲載されました。

 政治家の売り物は、持っている品性と資質といえましょう。

 売り物ですから買う人にその品定めをされても仕方ありません。

 また、「民度」を字のごとく解釈するならば「国民の度合い」でありましょう。

 何の度合いか。

 これまた、品性と資質でありましょう。

 それについては「資質ではなく 文化の違い」でいくつかの疑問点をあげました。

 その後も考えてみると、川口市をはじめ埼玉県南部では毎日のように、ひったくり犯罪が報道されています。

 これは組織的な老人虐待の特殊詐欺とは違い、個々による老人虐待の最たるものでしょう。

 実は私の妻も遭いました。

 ハンドバックの鎖が切れたのでケガはなかったのですが、転倒による大ケガや、引きずられて二次事故になることもあるようです。

 また、新型コロナウイルスによる危機が報道されるや否や、あわてて生活物資の買いだめに走り回る多くの方がおりました。

 社会的連帯などは顧みず、自分のことしか考えないバラバラの個人が、ひしめき合っていたことになりますね。

 それらから測って、はたして国民の品性と資質の度合いは?


 「民度」発言で内外に波風を立てている方の生い立ちを考えてみると、余りにも恵まれた環境で育ったことが害をなしているのではないでしょうか。

 子供の時にちやほやされてしまうと礼節が身につきません。

 そのまま大人になり、反省することもなく、憤慨することだけが生きがいの老人ができあがった、といえるでしょう。

 逆に、貧しく育って心が歪んでしまったのか、回転ずしの支払いにまで公費を使い、ひんしゅくを買った政治家もいます。

 もちろん、この2つのケースの真逆の方々が多いことは十分承知しています。

 それにしても政治家とはなんとストレートなのでしょうか。

 これほどまで両極に分かれる品性は珍しい。


DSC03i092.jpg
6/11 朝日新聞 25面 「民度」って? コロナめぐる麻生氏発言
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック