FC2ブログ
 朝日新聞に「河井前法相・杏里議員逮捕 参院選で買収容疑 94人に2570万円」との記事が掲載されました。

 田中金権や金丸金権の利益誘導政治の害悪に辟易(へきえき)した国政を担う方たちが、よかれと思い設立した政党助成金が、それでも金権政治を呼び起こしてしまいました。(共産党は政党助成金を拒否しています)

 うちわ1枚が金権であるか広告媒体であるかが論議された国会で、モリ・カケ・サクラの追及はどうなってしまったのでしょうか。

 そのような中での今回の事件は法治国家の根幹を担っていた方の犯罪です。

 おそらく、当人は罪悪感など無く、よくあること程度にしか思っていなかったのでしょう。

 この法の根底を揺るがす大問題、前法相までもが、なぜそうなってしまうのか、について考えてみたいと思います。


 中世はまだ貨幣が流通しておりません。

 織田信長が初めて、楽市楽座システムで貨幣経済を発達させました。

 そのおかげで台頭できたのが、佐渡金山を持つ上杉謙信、黒川金山を持つ武田信玄、石見銀山を持つ毛利元就などです。

 つまり、この時代に、金力=権力の図式が出来上がりました。

 それは、関ヶ原合戦では目の前にぶら下げられ、事前に勝敗を決するほどまでに成長していきます。

 徳川の平和( Pax Tokugawana)以後、最初の政権争いは鳥羽伏見の戦いでした。

 勝利した新政府軍は政権奪取のために江戸に向かいますが、途中で運用金がなくなり進軍できません。

 そのとき資金を提供したのが新政府ゆかりの豪商たちでした。

 この図式が 150年たった現代にも深層心理として働いていると思えてなりません。

 要するに、金力には新も旧もなく、右も左もないのです。

 特に、終戦後は無節操に金力だけの追及に明け暮れました。

 そこのところを、私は「戦後日本の変節」で述べています。

 最後に、これでよいのか、と反金権的な平和運動・文化運動なども示しているのですが。

 400年以上にも渡って続いてきたベクトルの方向は簡単に変えられるものではありません。

 自分自身の中に染み込んでいるものも含めて、これからも長い戦いが続いていくことになりましょう。


DSC03y107.jpg
6/19 朝日新聞1面 「河井前法相・杏里議員逮捕 参院選で買収容疑 94人に2570万円」 天声人語など
コメント
この記事へのコメント
初めて国会議員になった時は夢膨らまして国民の為の名文句を言い続けていたのが議事堂に入って年数が経つと自分を守るために嘘を付き当選するために金をばらまくことは平気になる

不思議で怖いところですね
2020/06/22(Mon) 18:50 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック