FC2ブログ
 朝日新聞夕刊に4月に亡くなられた音楽学者 皆川達夫氏の追悼記事が掲載されました。

 氏は池部晉一郎氏と共に水戸が誇るクラシック音楽界のもっとも偉大な才人です。

 数々の優れた業績がありますが、中でも400年以上も前に日本音楽と西洋音楽が接触融合した証拠をつかんだことが最大のものでありましょう。

 歴史のほとんどの事柄は推測で成り立っています。

 記録は権力者、つまり勝者によって書かれたものしか残っておりません。

 敗者や庶民の歴史はほとんどが推測で成り立っています。

 その推測であった日本の庶民とヨーロッパの庶民の関係性の証拠を足で探し当てたのが皆川さんです。

 NHKの「音楽の泉」で筝曲の六段とグレゴリオ聖歌が同時に流れ、同じ和音と寸法でピタリと終ったときには、あまりにも痛快で、底知れぬ感動を覚えました。

 今までの常識では、六段の調べとグレゴリオ聖歌は水と油どころか刀とダイナマイトほどの違いがあったでしょう。

 それを結びつける感覚とは並大抵のものではありません。

 五島列島に伝わるオラショもスペインまで訪ねて行って出どころを確かめました。

 追悼記事にも書かれていますが、まさに探偵でありましょう。

 音楽歴史探偵です。

 私は学者や探偵ではないので、このブログをほとんど推測で書いています。

 証拠や論拠は主にネット上の記録を使っているのですが。

 自分の足を使うことの大切さを肝に銘じて教えていただきました。


CIMG01p14.jpg
7/4 朝日新聞夕刊5面 「聖歌と日本の出会い 探求」 
音楽学者 皆川達夫
コメント
この記事へのコメント
私の知らない世界ですが

立派な功績を残して行かれた人なんですね

ご冥福をお祈りします
2020/07/08(Wed) 06:38 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック