FC2ブログ
 今日の朝日新聞論壇時評は「世界中でコロナ禍が差別を加速させている」との書き出しです。

 日本でも、いわゆる「自粛警察」が問題になっています。

 鼻高々に正義を振りかざしながら、マスクをしていない人を許せない・大声を出す人を許せない・夜のお店に行く人を許せない・県外ナンバーを許せないなど、許せないコールの大合唱。

 この同調圧力の強さは、少しの異端も許さないムラ社会の掟が今も生きていることを示すものでありましょう。

 でも、この方々は自分がコロナウイルスに感染しても正義を貫けるのでしょうか。

 無症状感染が広がっているゆえ、検査をすれば誰が感染者になっても不思議ではありません。

 そうなれば、即、自分が差別される側。

 今までさんざん差別してきたのに、天と地がひっくり返ります。

 
 左隣の記事も読んでみて下さい。

 トランプ大統領は中国の人権侵害には強く反対しているのに、黒人への人権侵害は是認しているとのこと。

 正義というものが、いかにあてにならないかが、おわかりでしょう。

 国もそうだし、個人もそう。

 条件が変われば、正義はころころ変わります。

 振りかざす前に、よく考えてみましょう。
 
 正義がかえって、差別を助長する危険性を・・・。


CIMmfG0135.jpg
7/30 朝日新聞 11面 「論壇時評」
コメント
この記事へのコメント
私もマスクしない派にはいり1人で散歩している時はしないで注意を受けました
左耳の後ろにおできが出来てごむが痛くてしない時期が続きました
スーパー・医者等はかならずしてましたけどなかなか大変です
よくならなくていつ止まるのか不安が続きます
災害とコロナ住みにくい世の中になりました
2020/08/05(Wed) 10:41 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック