FC2ブログ
 古いことわざに「暗君は佞臣を近づけ、名君は忠臣を近づける」というものがあります。

 「名君は佞臣を遠ざけ、暗君は忠臣を遠ざける」というかもしれません。

 これらの例は枚挙にいとまがないほどなのですが、今日の天声人語にはその一つとして黒田長政の「腹立たずの会」が記されています。

 西郷隆盛は島津久光に「殿はジゴロ(田舎者)なので京や江戸では先君の斉彬さまのようにはいきませんから・・・」といってしまいました。

 久光は腹を立て西郷を島流しにしましたが、けっきょく西郷がいなければことが進まないので再登用しました。

 久光が腹を立てたままだったなら、明治維新は遠ざかっていたでしょう。

 佞臣(ねいしん)とは主君に対して忖度や阿諛追従ばかりする家臣です。

 阿諛追従(あゆついしょう)とは、気に入られようとして、おもねりへつらうこと。阿諛はおもねりへつらう意。追従はこびへつらうこと。おべっか。

 近年では「ごますり」が分かりやすいでしょうか。

 菅政権が国民すべてに「ごますり」を求める方針を明らかにしたのが今回の日本学術会議推薦者拒否でありましょう。

 手のつけやすいところから始めて徐々に他方に向かってゆくことをマルティンニーメラーは次のように言っています。
 
ナチスがコミュニスト(共産主義者)を弾圧した時、私は不安に駆られたが、自分はコミュニストではなかったので、何の行動も起こさなかった。
その次、ナチスはソーシャリスト(社会主義者、労働組合員)を弾圧した。
私はさらに不安を感じたが、自分はソーシャリストではないので、何の抗議もしなかった。
それからナチスは学生、新聞人、ユダヤ人と、順次弾圧の輪を広げていき、そのたびに私の不安は増大したが、それでも私は行動に出なかった。
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた。
そして私は牧師だった。
だから行動に立ち上がったが、その時は、すべてがあまりに遅過ぎた。


 人ごとではないのです。

 学術会議問題 抗議の輪に参加しましょう。


1afDSC03648.jpg
10/7 朝日新聞 1面 天声人語ほか

2bmDSC03652.jpg
10/ 7朝日新聞 29面 学術会議問題 抗議の輪
コメント
この記事へのコメント
声をあげましょう
 政府は1983年の国会で「日本学術会議が推薦した人を首相が形式的に発令を行う。」と答弁していました。その答弁に反して今回任命を拒否しているのは許されないと思います。10月3日から「任命拒否を撤回し全員の任命を菅首相に求めるオンライン署名」が行われており、既に13万筆集まったそうです。私も署名しました。
2020/10/08(Thu) 07:47 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
安倍前総理を継承すると宣言してなったら早速同じ手口で本題をすり替えて抽象的表現で同じ事のの繰り返し

初めの嘘をまた上乗りするような事がおきドンドンルツボニハマっていくようでドンドン信用を無くす結果になっていきます

簡単な事で理由を話してくださいと言ってるだけなのに何分もかからないことを何か月もかかって普通人には理解できない人間の集団なんですね

こんな姿を見せていい子が育ちますかね~?(。´・ω・)?です
2020/10/15(Thu) 11:54 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック