FC2ブログ
 今や、徒然草は漫画や幼児番組でも取り上げられています。

 幼児番組では冒頭の「つれづれなるままに、ひぐらし、すずりにむかいて~~」を暗誦するような構成が。

 漫画ではところどころに原文と現代語訳がちりばめられています。

 日本では西洋の聖書のように幼児から老人に至るまで共通して読まれる書物がありません。

 徒然草がそのようは役割を果たすことはすばらしい。

 幼児は冒頭の部分など音楽としてとらえるので意味などわからなくてもよいのです。

 えもいわれぬ心地よさは感じるはずですから。

 漫画はストーリーをとらえることに最適でありましょう。

 そして、高校生になって原文を読めば思想や哲学、文法の学びに。

 大人になって読みかえせば書かれていない裏のことまでわかるようになります。

 これらのことはたぶん、聖書と同じでありましょう。

 日本の聖書とも言うべき徒然草。

 ありがたいことです!


1bDSC03692.jpg
まんが 徒然草

2kDSC03694.jpg
まんが 徒然草

3dDSC03695.jpg
NHK幼児番組 徒然草

4yDSC03696.jpg
NHK幼児番組 徒然草
コメント
この記事へのコメント
スッカリ忘れています


本も読まなくなりだめですね
2020/10/28(Wed) 07:58 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック