FC2ブログ
 小野瀬壽君の短歌が『NHK短歌』11月号に掲載されました。

 私の短歌が『NHK短歌』11月号に掲載(76ページ)されましたので、これまで掲載していただいたことにお礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

駅弁を売る人の声とベルの音今も残れり難聴の耳に

 今年はコロナウィルスで旅することもなく電車に一回も乗りませんでした。青春時代に汽車の窓から急いで駅弁を買っていた頃が懐かしいです。


 「べんとう~ベント、べんとう~~」
 「べんとう屋さぁーん、ひとつ下さい」
 「じりジリー、じりリン」
 あうんの呼吸で弁当とお金を交換。
 お金が先。弁当は後。
 みんなみんな、わかっていました。


NHK『短歌』11月号
NHK『短歌』11月号

NHK「短歌」11月号(76ページ)
NHK『短歌』11月号(76ページ)
コメント
この記事へのコメント
久しぶりに小野瀬さんの短歌の入選おめでとうございます\(^o^)/

懐かしい風景が頭によみがえります

ホッコリします
2020/12/02(Wed) 13:05 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック