FC2ブログ
 なかにし礼さんが亡くなりました。
 
 銀座のシャンソン喫茶ボヌールでピアノを弾いていた時、歌手の村上進君からよく話しを聞いていました。

 「この曲は礼ちゃんに訳詞を頼んだんだよ。やっぱり礼ちゃんはいいなー」

 菅原洋一の「今日でお別れ」が出たころですから、シャンソンから歌謡曲に路線変更をしたころと思います。

 その後の活躍ぶりは新聞記事の通り、常人には及びもつきません。

 なかにし礼さんは人間性・芸術性・政治性の三拍子がそろっていました。

 歌謡曲の作家はノンポリで売れ線志向の方ばかりです。

 人を押しのけても、盗作をしても、ヒットさえすれば勝ちなのですから。

 政治的主張などしていたら相手にされなくなってしまうのですよ。

 それなのに、なかにし礼さんは命がけで反戦平和を訴え続けてくれました。


 平和の申し子たちへ! 泣きながら抵抗を始めよう

 二〇一四年七月一日火曜日

 集団的自衛権が閣議決定された

 この日 日本の誇るべき

 たった一つの宝物

 平和憲法は粉砕された

 つまり君たち若者もまた

 圧殺されたのである

 こんな憲法違反にたいして

 最高裁はなんの文句も言わない

 かくして君たちの日本は

 その長い歴史の中の

 どんな時代よりも禍々(まがまが)しい

 暗黒時代へともどっていく

 そしてまたあの

 醜悪と愚劣 残酷と恐怖の

 戦争が始まるだろう

 ああ、若き友たちよ!

 巨大な歯車がひとたびぐらっと

 回りはじめたら最後

 君もその中に巻き込まれる

 いやがおうでも巻き込まれる

 しかし君に戦う理由などあるのか

 国のため? 大義のため?

 そんなもののために

 君は銃で人を狙えるのか

 君は銃剣で人を刺せるのか

 君は人々の上に爆弾を落とせるのか

 若き友たちよ!

 君は戦場に行ってはならない

 なぜなら君は戦争にむいてないからだ

 世界史上類例のない

 六十九年間も平和がつづいた

 理想の国に生まれたんだもの

 平和しか知らないんだ

 平和の申し子なんだ

 平和こそが君の故郷であり

 生活であり存在理由なんだ

 平和ぼけ? なんとでも言わしておけ

 戦争なんか真っ平ごめんだ

 人殺しどころか喧嘩(けんか)もしたくない

 たとえ国家といえども

 俺の人生にかまわないでくれ

 俺は臆病なんだ

 俺は弱虫なんだ

 卑怯者(ひきょうもの)? そうかもしれない

 しかし俺は平和が好きなんだ

 それのどこが悪い?

 弱くあることも

 勇気のいることなんだぜ

 そう言って胸をはれば

 なにか清々(すがすが)しい風が吹くじゃないか

 怖(おそ)れるものはなにもない

 愛する平和の申し子たちよ

 この世に生まれ出た時

 君は命の歓喜の産声をあげた

 君の命よりも大切なものはない

 生き抜かなければならない

 死んではならない

 が 殺してもいけない

 だから今こそ!

 もっともか弱きものとして

 産声をあげる赤児のように

 泣きながら抵抗を始めよう

 泣きながら抵抗をしつづけるのだ

 泣くことを一生やめてはならない

 平和のために!


 これは与謝野晶子の「君死に給うことなかれ」以来の稀有な反戦詩でありましょう。

 声を出して読むと、言葉と文字の力を信じることの大切さが身に沁み込んできます。

 これらの言葉を、私たちは、忘れてはいけません。

 スピルバーグは言いました。

 私の作ったすべての映画は「シンドラーのリスト」のためのものにすぎない。

 なかにし礼さんのすべての作品は、この詩のために、あったのかもしれません。


1vCIMG0193.jpg
12/26 朝日新聞 天声人語

2dCIMG0192.jpg
12/26 朝日新聞 なかにし礼さん死去
コメント
この記事へのコメント
なかにしさんを偲ぶ
 本当に惜しい人を亡くしました。なかにしさんの中国黒竜江省(旧満州)からの引き上げ体験を読んだことがありますが、戦争の悲惨さが書かれていました。
2020/12/27(Sun) 22:41 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
今年はコロナで芸能人がなくなりコロナでなくても高齢の有名人が多数亡くなりますね

私達の時代に活躍した人達がいなくなるって本当に寂しいですね

時代が変わります
2020/12/29(Tue) 20:06 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック