FC2ブログ
 きのうは節分、きょうは立春。

 ニュースなどでご存知でしょうが、今年は124年ぶりに1日前倒しになりました。

 節分とか立春というと昔ながらの単なる俗習(風俗習慣)だとお思いでしょうが、実は国立天文台が日にちを決定する科学事項であり、冬至や夏至と同じく、太陽と地球の位置関係で決まる天体現象なのですよ。

 ゆえに、天文学上の大晦日がきのうの節分、正月がきょうの立春ということになるでしょう。

 他にも大晦日と正月は新暦と旧暦と2つあるので、新年の区切りは合計3つあることになります。

 それらのうち、正真正銘の1年の変わり目は節分と立春であることを古人は動物的に感じていたのではないでしょうか。

 昔から節分から立春の変わり目には魔がさすといわれ、いろいろなおまじないが行われてきました。

 豆まき・恵方巻・立春大吉のお札など。

 これらはみな、鬼や邪気といわれる疫病や災害を追い払ったり、避けたり、ごまかしたりするものでありましょう。

 立春大吉の四文字はは左右対称、紙の裏から見ても同じに見えるので、家に入った鬼が玄関を振りかえると、もう済んだと思って帰ってしまうとのこと。

 禅宗が発生といいますから、一休さんが考えたのでしょうか。

 なお、 2月最初の午の日は初午(はつうま)といわれ、節分立春の前後になるのですが。

 今年はきょうの立春と重なりました。

 稲荷神社最大の祭礼で牛・馬・蚕などを祭る日ともなっています。

 稲荷神社はもともと稲を成らせる神様。

 江戸時代以前は猫などいないので、野ネズミを退治するには狐にすがるしか方法がありません。

 それが、商売の神様をはじめとして何でも受け入れるようになったようです。

 川口では鋳物の神様となり、初午太鼓が伝統芸能となりました。

 鋳物師には火傷やケガがつきものです。

 これららを振りまく鬼や邪気を打ち払うため、大きな音で脅かしたのでしょう。

 いまでは全国大会も行われています。


1nDSC03990.jpg
わが家のフキノトウ

2lDSC03989.jpg
わが家のフキノトウ
コメント
この記事へのコメント
冬の陽ざしにフキノトウ…ほっこりします(*^-^*)

もうすぐは~るですね~♪
2021/02/04(Thu) 10:11 | URL | yukiyanagi | 【編集
節分の豆まきは全国的に中止になり寂しい事です

各家庭の豆まきも殆ど“鬼は外福は内”の声はここ近年聞こえなくなりました

季節の行事がドンドン無くなって寂しい限りです
2021/02/10(Wed) 20:39 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック