FC2ブログ
               負けるのは美しく

             児玉清          集英社


 NHKのラジオビタミンで児玉清特集をやっていました。

 児玉さんがよく出演していたラジオビタミンもBSの週刊ブックレビューも3月いっぱいで終了とのことです。


1 負けるのは美しく

 俳優・テレビ司会者・書評家・切絵作家の児玉清氏のエッセー集です。

 毎回見ていたNHK BSの週刊ブックレビューでは、その読書量と博覧強記ぶりに驚かされました。

 惜しい人が亡くなってしまって本当に残念です。

 エッセーは趣味や生き方について書かれるものが多いので、肌合いが合うものは半分くらいしかないのが普通です。

 ところが、このエッセー集はどれもこれもが面白く、納得させられてしまうのです。

 これほどの大家はめったにおりません。


2 児玉清さん


 役者殺すにゃ刃物はいらぬ、ただめちゃめちゃに褒めればいい、と言われたように。俳優は自分をあくまでも客観的に冷静な目で眺めなければならない、と心に誓ってきたものの、客観的に眺めようとすればするほど、欠点ばかりが目立って、どうにも敗北感や挫折感しか生じない。しかし、それだけでは、あまりにも立つ瀬がない。意気消沈するばかりだ。そこで知らぬ間に心に期するようになったのが「負けるのは美しく」ということであった。どうせ勝利感を得られないのなら、また明確な勝利を望むべきもないのなら、いっそ、せめて美しく負けるのを心掛けたら、どうなのか、そう考えたとき、はじめて心に平和が訪れた思いがしたのだ。心の中にあったもやもやと苦渋の魂は決して霧散はしないが、何よりも俳優として生きる心の励みと戒めとなったのだ。爾来、「負けるのは、美しく」は僕のモットーとなった。(284頁)


3 切り絵

 2008年に開かれた「児玉清 切り絵展」のポスターとなった作品
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック