FC2ブログ
 きょうの朝日新聞に「伝わる文章の書き方2 テンプレートを知ろう 最低三つのパターンを覚える」との記事が掲載されました。

 文学や音楽の形式は心理学や大脳生理学から派生したものですから、関連性や共通性があります。

 それらを考えてみましょう。

 伝わる文章の書き方は結論優先型・列挙型・ストーリー型の3つに分類されていますが。

 結論優先型は歌謡曲でいえば「五月のバラ」、映画音楽でいえば「慕情」、クラシックでいえば「運命」など、イントロなしでいきなりコケ脅しのフレーズが出てくるもの。このように躊躇せずにおもいきり脅かすことがポイントでありましょう。

 列挙型の代表は「荒城の月」「ビバルディの四季」など、季節や朝夕などの時間変化、心の移り変わりなどを表現することに適しています。

 ストーリー型は「シクラメンのかほり」のように香りのないものでさえ、あるようにでっち上げるのがコツ。しかも、エンディングはトニックではなくドミナント。まだ続きそう。文章なら「・・・。」ですね。
 
 俳句やコンチェルトは序破急でできています。

 ソナタやシンフォニーは起承転結そのもの。

 漢詩の音韻は西洋音楽の二部形式と全く同じです。

 もっとも、最近の漢詩は音韻を無視しているのでストーリー型になってきているといえましょう。良寛さんはすでにそうだったので先端を開いた人ともいえます。

 以上、知ったかぶりを披露してしまいましたが、肝心なことは自己表現であること。

 自分のいいたいことが、いえていれば、形式などは、どうでもいいのです。


CIMG02g08.jpg
4/10 朝日新聞be 5面 「伝わる文章の書き方2 テンプレートを知ろう 最低三つのパターンを覚える」
コメント
この記事へのコメント
文章を書くにも難しい決まりがあるんですね
私はよくわからないでその時感じたことを描いてるだけでちゃらんぽらんで読んだ人がどんな思いでいるのでしょう?
あまり考えると何も書けなくなってしまうのでごめんなさい。
2021/04/15(Thu) 07:42 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック