FC2ブログ
 個人美術館というものを初めて見学させていただきました。

 オーナーは地元の名士、金子昌夫氏、地元紙「新郷新聞」の特別な計らいで実現しました。


1 本郷新聞
      金子昌夫氏紹介(新郷新聞)

動画  金子昌夫氏ごあいさつ


2 ルノアール
         ルノアール


3 加山又造(猫と薊)
        加山又造(猫と薊)
 新郷新聞の記事では「猫と牡丹」になっていますが「猫と薊」が正解です。
 猫の毛並みはもちろん、尾やアザミの花も一本いっぽんの線で描かれています。


4 岡本太郎
         岡本太郎


5 中川一政(薔薇)
        中川一政(薔薇)
 氏の美術品収集のきっかけになった作品。


6 ピカソ他
         ピカソ他


7
 撮影OKの上、飲み物までいただいてしまいました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック