FC2ブログ
 毎日歩いている散歩コースに咲いている花の名が何年間も分りません。
 どうもスッキリしないものです。
 毎日必ず会う可憐なひとがいたら、君の名は?
 当然でしょう。
 もちろん、ひとに訊いたり、季節の花の色分類で検索したりはしてみました。
 ワカリマセ――ン。
 そうだ!花の写真ニュースの小野瀬壽くんに訊いてみよう!

 壽さん、6/17発行の「花の写真ニュース」が今日午後1時半に届きました。
 さっそく、6/19午前0時すぎにUpします。
 第二弾は発行日を訂正してから翌日にUpするつもりです。
 ところで、何年来不明の花の名をお尋ねしたいのですが? 
 毎年、少し前に咲いて秋を通り越し、冬近くまで咲いています。
 たぶん、外国の栽培種が野生化したものでしょう。
 背丈は1メートルくらいです。
 写真は徐々に倍率を上げて撮りました。
 ドライフラワーで見たような気がするのですが・・・。

1

2

3

4

 安さん、メールをいただきありがとうございました。
 写真ニュースの日付の件、お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。
 さてお送りいただいた花の名前ですが、私は初めて見ました。
 今度の日曜日には植物園に行くので聞いてみます。
 ただし現物がないとわからないことが多いので期待しないで待っていてください。
 それではまた。

 壽さん、その後、違う個体をよく見てみると、茎の断面が菱形であることが確認できました。
 長径は1センチ未満、7,8ミリでしょうか。
 参考の写真を添付します。

5

 安さん、メール拝読しました。
 6月23日(土)に植物園に持っていったのですが、植物園ではすぐにはわからなくて「関係者2~3人で調べてみますが、少し時間をください。」ということでした。
 今日も植物園に行くので追加の写真を持っていきます。

 安さん、元気ですか・・・いつも写真をアップしていただいてありがとうございます。
 先日お問合せのあった花の名前がわかりました。
 茨城県植物園の川上さんの調査によれば、「ダキバアレチハナガサ」が最も近いと思われるということでした。第二候補は、「アレチハナガサ」、第三候補、「ヤナギハナガサ」でした。
 写真による判定なので断定はできないので3つ名前をあげました。
 よく撮れている写真ですが、葉が茎を抱いているかどうかと言えば「抱いているように見えるが、抱いていると100%までは断定できない。」、
 また茎の中が「中空かどうか切ってみないとわからない。」というので3つ名前をあげたそうです。
 今朝7月1日(日)早朝、川上さんが作成してくれた「基本同定比較表」と花の写真・説明コピーを「花の写真ニュース」と同封して投函してきました。
 多分7月2日(月)には届くと思いますので見てください。
 「ダキバアレチハナガサ」などはインターネットでも出ていると思いますので、郵便が届く前に知りたい時はごらんください。
 先週、今週は珍しく土曜が休みのため、1日早く郵送しました。それではまた。

 壽さん、3つの候補をネット検索した結果、第二候補の「アレチハナガサ」でした。
 ありがとうございました。
 今まで分らなかった花の名前が分ると、すごく感激するものですね!調べてくれた茨城県植物園の川上さんに、くれぐれもよろしくお伝え下さい。
 「基本同定比較表」と花の写真・説明コピーと「花の写真ニュース」、楽しみに待っています。

 安さん、今朝のメール見ました。
 私は今日の午後、また植物園に行ってきました。
 川上さんは今日は不在(週3日勤務らしい)なので、川上さんの同僚の海老根さん(この人も週3日勤務らしい)に御礼の伝言を依頼してきました。
 郵送した資料は7月2日(月)に着くと思いますが、私、うっかりして「基本同定比較表」と書いてしまいましたが、「草本同定比較表」の誤りでした。
 でも今回名前がわかってとてもよかったです。
 名前がわかった時の嬉しさは経験者でないとわかりませんね。
 今でもわからない花が多いのですが、私が4年間花の写真ニュースを続けてきたのも「わかった時の喜び」があるからです。
 それでは夏風邪などひきませんように。

 壽さん、いま、「花の写真ニュース」の原稿と、「草本同定比較表」が届きました。
 よく読んでみると、実物を前にして見極めないと確定しにくい部分があるので、これから現場に行ってきます。
 軽々しく同定してはいけないんですね!
 「花の写真ニュース」、第一弾は7・3の0時すぎに、第二弾は翌日にUpします。

 安さん、メール見ました。
 おっしゃる通りで実物をみないと本当にわからないものです。
 特に茎の中とか葉の抱き方とか・・・・・それではまた
コメント
この記事へのコメント
1本の花の名前を探すのに多くの人がこんなに真剣にやり取りしているなんて驚きです。自分のいい加減さにきずいてこれから花を見る視点が変わります。わかった時の感激はひとしおでしょう
2012/07/07(Sat) 12:24 | URL | hana | 【編集
アレチハナガサ
 今回は初めてでしたので「花々しく」なってしまいました。
 川上さんたち植物学に携わる方たちはこういうことを日常的に淡々とこなしていくのでしょうね。
 尊敬します!
太字の文
2012/07/09(Mon) 07:41 | URL | 微笑みのピアニスト | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック