FC2ブログ
 以前から行きたかった草木湖畔にある富弘美術館に行ってきました。

 星野富弘さんは私どもと同じ年代で、みどり市に生まれました。

 不幸な事故で口に筆をくわえて絵をかくようになりました。

 その絵とともに書かれる詩文にも独特の人生観が表現され、多くの人々の支持を受けています。


1 パンフレット
 パンフレット


2 富弘美術館は草木湖畔
 富弘美術館は草木湖畔の道の駅です。
 広大な敷地には庭園や湖畔を廻る散歩コースがあります。


3 円形のロビー
 広々とした円形のロビーに、

4 展示室CIMG4426
 シャボン玉のように展示室がつながっています。


5 一部屋に一点
 なかには、一部屋に一点だけのものもあります。

6 明るい休憩室
 草木湖を展望できる休憩室もあります。


7 静物画用のかぼちゃ
 敷地内の売店で静物画用にいろいろな種類のかぼちゃを買いました。

HP富弘美術館
コメント
この記事へのコメント
人間って強いですね。一度はうなだれても何か出会いがあれば立ち上がる。失ったものでなく、あるもので生かせる物を見つけられて、自分では知らなかった才能を引き出します。障害を武器に正常人より密の濃い人生がおくれます。今やっているパラリンピックをみてもあの笑顔、活動的で心からの喜びの表情は何物にも代えがたい宝物です。それを見つけられるか否かはその人の考え方ひとつです。人生捨てないことです。
2012/09/10(Mon) 17:43 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック