FC2ブログ
 9/19 雨の中、唐松頂上山荘から五竜山荘までの岩稜を進みました。

 カメラは防水機能がないので写真は1枚も撮れません。

 唐松頂上山荘で雨の様子を見ながら出発を遅らせていた方々も、私たちが出発したので決心したようです。

 唐松頂上山荘から五竜山荘までのコースは普通の山道ではありませんから・・・。

 9/20 天気は一日中曇り。

 景色は殆ど見えません。

 それが良かったのか、妻はかなり高度感のある場所も怖がらずに通過できました。


1 五竜山荘出発
 朝6時、五竜山荘出発


2 五竜岳山頂
 五竜岳山頂


3 口の沢の頭
 口の沢のコル
 ここまで来るには次のような動作を気の遠くなるほど続けなければなりません。

4 向こう側を登って
 岩の向こう側を登ってきます。
5 馬の背を乗り越え
 馬の背を乗り越えて、
6 足がかりを探
 足がかりを探し、
7 足を置き
 足を置き、
8 手がかりを求め
 手がかりを求めながら、
9 下りて行きます
 下りて行きます。


10 八峰キレット小屋
 八峰キレット小屋


11  八峰キレット小屋の夕食
 八峰(はちみね)キレット小屋の夕食

 八峰キレット小屋の夕食には感激しました。
 この小屋は里から最も遠く、エスケープルートもありません。
 私たちの足で2日、若者の足でもまる1日かかります。
 それなのに刺身が出ました。
 新鮮なキャベツなどの野菜も惜しげもなく使われ、揚げ物などにも手がかかっており、街中のレストランのような夕食を堪能しました。
 刺身は特別です、と言っていましたから、おそらくこの日ボッカが到着したのでしょう。
 新鮮なものに餓えているスタッフのために運ばれた刺身をおすそ分けしてくれたに違いありません。
 なんと優しい心遣い! ちなみにお客は3人だけでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック