FC2ブログ
          日本人は歴史から何を学ぶべきか

         小和田哲夫           三笠書房


1日本人は歴史から何を学ぶべき


 歴史とは鏡である。「水鏡・今鏡・大鏡・吾妻鏡」など歴史書があるから。

 歴史を学ぶことで「前轍を踏む」ことが回避できる。

 「教訓史観」からの脱却。

 過去に目をつぶる人間は現在にも盲目になる。

 先行きが不透明なときは歴史をふりかえれ。

 何もむずかしい古文書が読めなくてもよい。地名一つさぐりあてることでも、それまでみえていなかった歴史がみえてくる。

 歴史を学び、変革を恐れない魂を養う――これが結論のようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック