FC2ブログ
 5月27日の朝日歌壇は、さながら護憲反戦歌特集を組んだような様相でした。

 歌う=訴う、との説もあります。

 訴えることの最もたいせつなことは命を守ることでしょう。

 与謝野晶子以来、その伝統は脈々と続いています。


5月27日の朝日歌壇
5月27日の朝日歌壇
コメント
この記事へのコメント
戦後68年も経ち戦地に行った人たちも少なくなった今でも戦争の事が詠われる・・・。

どんなにか深い悲しみか想像がつく。

悲しみなんてものではないだろう。

語れないほどの心の奥に閉まったままあの世に持って行ったひとが大方ではないかと思う。

経験した人間だけが浮かぶその時の情景は何度でも眼の前に遷る。

生きても心休まる事がなかったであろうと思うだけで辛い。

背負って逝った人達に手を合わせる。

そんな人たちのお蔭で今があるのに、私たちは今を胸を張って言えない。
2013/06/11(Tue) 13:41 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック