FC2ブログ
  私の住んでいる海から20キロメートルの荒川左岸周辺ではマツヨイグサが年々減少しています。

 あれほどあったコマツヨイグサが今年は今のところ見当たりません。

 コマツヨイグサは要注意外来植物に指定されていますが、ないとなると寂しいものです。

 オオマツヨイグサは既に何年も前から見られなくなりました。

 小野瀬壽くんの花の写真ニュースには那珂市瓜連に咲いているものが紹介されています。

 このあたりで目にするのはメマツヨイグサのみになってしまいました。

 メマツヨイグサも要注意外来植物に指定されていますから、減少しているのは良いことなのでしょうが、ほど良いところに留まって欲しいと願っているのは私だけでしょうか。


1 荒川左岸のメマツヨイグサ
1 荒川左岸のメマツヨイグサ


2 荒川左岸のメマツヨイグサ
2 荒川左岸のメマツヨイグサ


3 荒川左岸のメマツヨイグサ3 荒川左岸のメマツヨイグサ

My Blog
マツヨイグサとカンゾウ
梅雨の山野で
コメント
この記事へのコメント
待宵草・月見草・情緒があります。

日本語って文字で書くと詩になりますね。

恋しい時・悲しい時・辛い時・いろいろな所で花の名前も使われます。

音で聞くのもいいけど、文字にすると直一層感情が伝わります。

日本語っていいですねー
2013/07/09(Tue) 18:42 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック