FC2ブログ
 ゴーヤと一緒に1本だけヘチマを植えました。

 花はたくさんついたのですが、実は1つしか成りません。

 やはり、複数植えないと受粉がうまくいかないのでしょうか。

1

 ところで、「へちま」の語源はおもしろい小噺からきています。

 ヘチマは糸瓜とも書きますから、古くは「いとうり」といっていました。

 それが頭母音省略により、「とうり」といわれるようになります。

 そこで、江戸の粋人が考えました。

 「いろは」の語順で、「と」は「へ」と「ち」の間にあります。

 つまり「へちま」とは「と」のことなのです。

 それが全国に広がったのですが、いまでも長野県では「とうり」というところがある、とモノの本に書いてありました。

 スキーや登山で信州を訪ねるごとに、この辺りではヘチマをトウリといいませんか、問うのですが、ソノトウリ、との答えには未だに出合えません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック